おでんの残りを使ったリメイク・簡単メニュー

冬のうちの定番の晩御飯は鍋

今年の冬は暖冬とはいえ、寒いことに変わりはないですよね。
この寒い時期、我が家の定番の晩御飯は、なんといっても鍋料理です。
家族みんなで、ひとつの鍋を囲んで食べると、それだけでポカポカと温まります。
特に、白菜と豚肉をたくさん入れて味噌味にした鍋が大好きです。
白菜は、冬の時期になると、スーパーにたくさん売られているので、ついつい購入してしまいます。
今年、2歳になる我が子も鍋が大好きで、大人並みに食べてしまいます。

 

うちの子は、特に肉が大好きです。
野菜も食べて欲しいので、白菜もお皿によそってあげます。

 

その時に、白菜は水分が多くてなかなか冷めにくいのが難点です。
我が子は、なかなか待ちきれないので、最初から白菜を小さめに切って、冷めやすいように工夫をしてあげています。
昨年は、うちの子はまだ離乳食だったので、大人の食事とは完全に分けて作っていました。
もちろん、鍋も見ているだけです。
でも、鍋って、みんなで食べた方が、断然美味しいですよね。

 

今は、家族みんなで鍋を食べることができるので嬉しいです。
鍋の後には、うどんを入れて食べるのも我が家の定番になります。
うどんが茹であがったら、卵を落とします。
うどんに卵を入れると、味がまろやかになるので、うどんがさらに美味しくなるような気がします。

 

鍋の後には、ご飯を入れることもあるのですが、我が家の場合は、うどんを入れることが多いです。

 

家族の定番は、毎度毎度の食事の積み重ねで決まっていくんだなぁ。と、家族みんなで鍋を食べながら、しみじみ感じています。